Pocket

 

2017年12月初旬から、BitZeny(ビットゼニー)という仮想通貨が爆発的に価格をあげて存在感を示しています。

 

先月まで0.5円だったのがすでにもう5円越え、10倍以上に価格が跳ね上がっているんですね。

 

17年のはじめに2円だったモナコインが1000円まで上がって注目を集めたのですが、まさにそれと同じ流れになるのではないか、とTwitterでも大きく期待されています。

 

 

今はまだ価格の小さいBitZeny(ビットゼニー)ですが、果たしてモナコイン同様、草コインからの一攫千金の流れになるのでしょうか?

 

ということで今回は、BitZenyとはどんな仮想通貨なのか、チャートから見る今後の将来性、扱っている取引所での購入方法をわかりやすく解説していきます。

 

ビットコインやモナコインに乗り遅れた人はここで一攫千金を狙うもよし、ぜひ投資の判断材料にしてみてください。

BitZeny(ビットゼニー)とはどんな仮想通貨なの?

 

彗星のごとく、価格を大きくあげてきたBitZeny(ビットゼニー)ですが、果たしてどんな仮想通貨なのでしょうか。

 

BitZenyの大きな特徴はやはり、モナコイン同様、国産であることに加えて独自のコミュニティに支持されていることから第2のモナコインと呼ばれているところではないでしょうか。

 

実際に、コミュニティに支えられていたモナコインが1年で400倍も価格を跳ね上げたことから、同じような動きを期待して投資する人が多い仮想通貨になります。

 

BitZenyの基本的な情報は下記の通りで、その中でも注目すべきなのは「簡単にマイニングができること」と「コミュニティが活発」、という点ですね。

 

  • 公開日:2014年11月7日
  • 通貨名:BitZeny(ビットゼニー)
  • 総供給量:2億5000万枚
  • マイニング方式:PoW
  • アルゴリズム:Yescrypt
  • CPUでマイニングができる仮想通貨
  • コミュニティが非常に活発

 

CPUで簡単にマイニングができる

BitZenyの大きな特徴として挙げられるのは、CPUでも簡単にマイニング(採掘)ができるという点で、BitZenyの公式サイトには下記のように記載があります。

 

 

通常の仮想通貨であれば、マイニングをするのに専用の機器が必要となるのですが、BitZenyでは普通のパソコンでマイニングができるのです。

 

現在ではだいたい1日500円前後のBitZenyを採掘できるようですので、試してにやってみるのも面白いかもしれませんね。

 

ちなみに、Macではマイニングに対応しておらず、マイニングをするならWindowsでやってみましょう。

モナコイン同様、コミュニティが活発

さらに、マイニングと合わせて、BitZenyが持っている主な特徴は独自のコミュニティを持っていることです。

 

  • BitZenyフォーラム
  • ぜにぃ姫(投げ銭bot)
  • グッズショップ

 

と、モナコイン同様、BitZenyのコミュニティがどんどん活発になってきているので、投資をしつつ楽しんでみてください。

 

ちなみにTwitterでのぜにぃ姫に「giveme(スペースなし)」とリプを送ると、BitZenyを受け取ることができます。

 

 

ただし、今は多くの方が注目しており、リプが集中しているため、この機能は一時停止しているようです。

 

このようにモナコイン同様、コミュニティから支持されている仮想通貨ですので将来性は期待できるかもしれませんね。

BitZenyの今後の将来性!長期保有はアリ?

 

国産の仮想通貨であり、独自のコミュニティを持つBitZenyですが、果たして投資する価値、今後の将来性はあるのでしょうか?

 

結論からいえば、かなり期待できるといっていいでしょう。

 

実際に、Twitterでも期待できる声がドンドンツイートされており、モナコイン同様の動きになるのでは、と話題になっています。

 

というのもやはり、同じく国産の仮想通貨であり、コミュニティを持っているモナコインがたった1年で価格を400倍以上に引き上げたのが大きいですね。

 

単純に2017年1月に10万円投資していれば、4000万円以上になっているわけですからね、期待しないわけにはいきません。

 

BitZenyも400倍とはいかないまでも、コミュニティに支えられて、かなり大きく価格をあげるのではないでしょうか。

 

ただし、もちろん、失ってしまうリスクのある小規模なコインですので、過度な期待はせずに”余剰資金での長期保有”をしておくといいでしょう。

 

ただ、BitZenyはまだまだマイナーな仮想通貨であるため、国内の取引所では取り扱いがなく、海外の取引所で購入しなければならないのです。

BitZenyの買い方!どの取引所で購入できる?

 

今、注目されて価格が大きく上がっているBitZenyを購入するためには、海外の取引所である「C-CEX」で買う必要があります。

 

現在のところはこの取引所だけしか取り扱いがないため、どうしても欲しいのであれば、C-CEXで購入しましょう。

 

C-CEXは海外の取引所ですので、日本のBitFlyerやZaif、Coincheckなどの取引所からビットコイン(BTC)を送金、そのビットコインでBitZenyを購入することができます。

 

基本的にはpoloniexなどの他の取引所と同じですので、そういった海外の取引所で購入したことがある方はスムーズに取引できるでしょう。

 

C-CEXにログインすると、下記のようなページに移りますのでチャートの左上、「Select coin」をクリックします。

 

 

すると、取り扱いの仮想通貨が一覧で出てきますので、BitZenyを選択すれば購入することができます。(BitZenyはかなり下部にあります。)

 

 

ただ、12月5日現在、かなり注目を集めているため、C-CEXのサーバーが重くなかなか操作がしづらいかもしれません。

 

参考:【税金対策】仮想通貨(ビットコイン)は”脱税”ではなく”節税”で凌ぐ!

まとめ

 

BitZeny(ビットゼニー)は2017年11月から12月にかけて0.5円から5円まで価格を跳ね上げており、非常に注目されている仮想通貨。

 

CPUでも簡単にマイニングができる、独自のコミュニティーを持っているという特徴があり、第2のモナコインとも呼ばれる。

 

特徴の似たモナコイン自体も17年だけで2.4円から1000円まで跳ね上がっていることもあり、BitZenyも今後が期待されている。

 

BitZenyは国内の取引所で取り扱いがないため、海外の取引所であるC-CEXで購入する必要がある。

 

 

参考:【2017年最新版!】仮想通貨人気ランキング!今後アツい仮想通貨は?

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング