Pocket

 

2017年の1年間だけで2円台から一気に2000円と1000倍近くも価格を跳ね上げたことでモナコイン(Monacoin)が非常に注目を集めています。

 

単純に17年はじめに、100万円をモナコインに投資していたら、約10億円になっていた、ということですから仮想通貨バブルの恐ろしさを改めて実感させられました。

 

では、今からモナコインに投資しても大きく稼ぐことはできるのでしょうか。

 

今回は、モナコインとはどんな仮想通貨なのか、その特徴とチャートから見る将来性、取引所での購入方法など徹底解説していきます。

 

まだまだ仮想通貨市場は成長期であり、正しく投資をしていけば大きく稼ぐことができますので、ぜひ投資の判断材料にしてみてください。

追記:仮想通貨は動きが激しいため、動きがあり次第、最新情報を更新していきます!

 

モナコイン(Monacoin)とはどんな仮想通貨?

 

そもそもモナコイン(Monacoin)とはどんな仮想通貨なのか、実をいうと、ネタコインと揶揄されていたほど軽視されていた仮想通貨でもあります。

 

というのも、モナコインは当初、採掘をするゲーム、掲示板でユーザーがお互いにあげるチップとして使用されていたため、需要はないだろうという見立てだったからです。

 

しかし、モナコイン自体がライトコインを基盤として作られた国内初の仮想通貨であったこともあり、ビットコインに次いで決済に使われるようになっていきます。

 

例えば、秋葉原ではモナコインを普及させようとする強烈なファンのコミュニティがあり、メイドカフェではモナコイン決済ができることに加え、ビットコインモールでもモナコインが使用できるようになっているんですね。

 

こういった動きで徐々に人気を集め、大手の取引所であるbitFlyerに上場、コミュニティの支持ということで知名度を高めた結果、価格が爆発していったのです。

 

同じく国内の仮想通貨であり、独自のコミュニティを持つBitZenyという仮想通貨の価格が12月に高騰していきましたので、国産のコインには期待できるかもしれませんね。

 

参考:BitZeny(ビットゼニー)とはどんな仮想通貨?チャート・将来性・取引所・買い方を完全解説!

 

また、投資の判断材料としてモナコインの基本的な特徴をあげておきますので、参考にしてみてください。

 

  • 日本国内発祥の仮想通貨
  • ビットコインに比べて手数料が安く、送金が早い
  • すでに決済に使用することができる
  • 独自のコミュニティを持っている
  • 世界初のSegwit採用の仮想通貨

 

価格を爆上げしたこのモナコインですが、果たしてまだまだ上がっていくのでしょうか、今後の将来性もみていきましょう。

2017年12月に価格爆上げ!チャートから見るモナコインの将来性!

 

2017年12月に価格を一気に上げたモナコイン(Monacoin)ですが、果たして今後も伸びていく可能性、将来性はあるのでしょうか。

 

ちなみにモナコインは時価総額ランキングでも2017年10月には120位だったのにもかかわらず、12月には17位まで上昇している注目の仮想通貨になります。

 

将来性に関して、結論からいえば、まだまだ期待はできるといったところでしょうか。

 

その要素としてはモナコインを扱っているbitFlyerの北米・欧米版に上場するとされており、世界にモナコインが認知される可能性を秘めているからです。

 

さらに、独自のコミュニティを持っており、国産の仮想通貨であるため、ビットコインの価格に影響を受けないという意味でも安定感はある仮想通貨と言えるでしょう。

 

同じような特徴を持つBitZenyも大きく価格を上昇したように、国産の通貨に期待されていることも今後の安定・上昇に好影響をもたらす可能性があります。

 

リスク分散のためにあくまで余剰資金で長期保有していると再度高騰するチャンスがあるかもしれませんね。

モナコイン(Monacoin)が買える取引所・買い方!

 

モナコイン(Monacoin)の将来性に期待して購入するためにはどの取引所で購入すればいいのでしょうか。

 

モナコインの取り扱いは基本的に「bitFlyer」、「Zaif」、「ビットバンク(bitbank)」の3つの取引所が主要となるのですが、おすすめなのは「Zaif」ですね。

 

というのもZaifは他の取引所と比較して、安く購入することができるからです。

 

 

では、実際にZaifでのモナコインの購入方法を見ていきたいのですが、Zaifにログインして、下記の通り、チャートの上部にある通貨選択のところで「MONA / JPY」を選択しましょう。

 

 

すると、チャートがモナコインに変わっていますので、そのまま右の取引項目を入力して購入すれば完了です。

 

 

今回のモナコインの爆上げと同じく国産のBitZenyの高騰もあって、今後の日本国内通貨でも同じような流れが起こるかもしれません。

 

いずれにしても、数日で価格が一気に上がる仮想通貨投資は夢がありますね。

まとめ

 

モナコイン(Monacoin)は17年、たった1年で2円台から2000円まで価格を上げて非常に注目を浴びている。

 

モナコインの主な特徴としては、国産で独自のコミュニティを持っているということ、これに支えられて爆上げにつながった。

 

同じような特徴を持つBitZenyも12月に価格を上げたことから、国産であり、コミュニティを持つ仮想通貨に期待されている。

 

今後の将来性としてはモナコインを扱うBitFlyerの北米・欧州版が取り扱いを始める予定で、ここでも価格のアップが期待できると見られている。

 

参考:【2017年最新版!】仮想通貨人気ランキング!今後アツい仮想通貨は?